アーセナルのMFサンティ・カソルラは、アーセン・ヴェンゲル監督が今後も指揮を取り続けると予想している。スペイン『Cadena Cope』が報じた。

ヴェンゲルは10月1日でアーセナルの監督就任20周年を迎えた。今日のサッカー界では異例ともいえる長期政権を築いているが、クラブとの契約は今シーズンで切れる。しかし、カソルラは少なくとももう1年はアーセナルで指揮を執るだろうと話した。

「ボスは今年が最後の年になるとほのめかしていない。ドレッシングルームでもそういった事実はない。彼は今シーズンに集中している。将来についてどう考えているかはわからないけどね。決断するのは彼だけど、現段階で続けるんじゃないかなと思っているよ」

アーセナルは今シーズン、ここまで好調をキープ。プレミアリーグで7試合を終え、勝ち点16の3位となっている。