アンドレ・ビラス=ボアス氏はブンデスリーガのクラブを率いることになるのだろうか。ドイツで同氏のSNSへの投稿が話題を呼んでいる。

ビラス=ボアス氏は2013年3月から今年の6月末までゼニト・サンクトペテルブルクを率いていた。それまでにポルト、プレミアリーグのチェルシー、トッテナムでも指揮を執った経歴を持つ同氏は現在フリーとなっている。

そんなビラス=ボアス氏に、ドイツ行きの可能性が浮上しているようだ。38歳のポルトガル人指揮官は19日、自身の『インスタグラム』でドイツ語教科書や辞書が映っている写真を投稿。ドイツ語で「1時間目!」、ポルトガル語で「最初のレッスンだ!」との文書を添えている。どうやら、ドイツ語習得に励んでいるとみられる。

それに対し、早速ドイツメディアが反応した。『シュポルト・ビルト』は週末にブレーメンがビクトル・スクリプニク監督を解任したため、ビラス=ボアス氏を招へいするかもしれないと伝えている。

だが同メディアによれば、新シーズンに入り不振にあえいでいる日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)でブルーノ・ラッバディア監督の後任となることも考えられるという。HSVは以前ゼニトのスポーツディレクターを務めていた際、ビラス=ボアス氏をゼニトの監督に招へいした当事者、ディートマー・バイアースドルファーがCEOを務めるクラブである。