アーセナルは24日に行われたプレミアリーグ第6節のチェルシー戦で3−0と完勝。1ゴールの活躍を見せたMFメスト・エジルはチームに向けられた疑念を払拭できたと語っている。

エジルは試合後「多くの専門家と呼ばれる人々は僕らが何も達成できないとすでにみなしている。しかし、プレミアリーグは長いし、僕らは毎試合良くなっている。チェルシー戦の前半は求めていた速いスタイルでやることができたし、相手はタックルするチャンスさえなかった。(ミッドウィークに行われる)バーゼル相手にも良いパフォーマンスができることを証明しないとね。ファンがチェルシー戦のようにサポートしてくれるなら、ベストコンディションでプレーできるよ」と話した。

ここ数シーズン、チェルシーと相性が良いとは言えなかったアーセナルにとって、ロンドン・ダービーの快勝が持つ意味は大きい。エジルが語るように「アーセナルの今シーズンは終わった」と語るのは時期尚早であることに間違いないだろう。