ロシア・ワールドカップ欧州予選が11日、各地で行われた。

グループCのドイツはホームで北アイルランドに2−0と勝利した。この日もシュート25本、ポゼッションは75%とスタッツで相手を圧倒したドイツは、ユリアン・ドラクスラー、サミ・ケディラのゴールで3連勝を達成。グループの首位をひた走っている。

グループEはデンマークをアウェーで下したモンテネグロが首位。また、ロベルト・レヴァンドフスキのアディショナルタイムのゴールでアルメニアを下したポーランドも勝ち点で並んで、2位となっている。

グループFのイングランドはスロベニアとスコアレスドロー。ウェイン・ルーニーがキャプテン降格でベンチスタートとなったイングランドは最後までゴールを奪うことはできず、3連勝を逃した。しかし、勝ち点7で依然として首位をキープし、後ろには勝ち点5でリトアニア、スロベニアが続いている。