日本代表は11日に行われるロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のオーストラリア戦へ向けて前日練習を行った。

負傷により出場が懸念されているFW岡崎慎司は「良い状態で試合に臨める」と話しながら、得点へのイメージもできているようだ。

「一つはやっぱり裏だと思うんですけど、それはサイドの裏なのか、中央で単純に一発を狙うのかってところがありますね。そこまで足が速くないってのはあるにしても、崩すのに単調なボールで裏を抜けるっていうのは難しいと思うので、やっぱりサイド攻撃しながらたまに中央に入れてそこからダイレクトで裏を狙うとかですね。確実に裏を狙ってくるなってボールは向こうも跳ね返してくると思うんですけど、やっぱりスキを突いた裏へのボールっていうのはやっぱり自分たちの方が有利だと思うし、そういう速さのあるプレーっていうのが求められてくると思います」

続けて、オーストラリアの弱点についても言及し「サウジの試合も見ましたけど、単純にクロスじゃなくて、裏を選択して、深い位置まで切りこんだ時にマイナスが効くと思うし、そういう意味ではいったん裏狙って起点作って引き付けてっていうのは手段になると思います。やっぱり体も強いし、クロスに対しては跳ね返す技術ってのはあると思うんで、そういうひと工夫が相手には効くんじゃないかなと思います」と話した。

また、首位オーストラリアと戦う重要な一戦についての意気込みについては「もうこの試合っていうのは自分たちの最終予選を左右すると思っています。これに勝てればだいぶ近づくと思うんですけど、冷静さを失うっていうのが一番ダメなことだと思うんで、焦らず自分たちの戦いをしたいですね。前回の試合じゃないですけど、結果をもぎ取りに行きたいと思います」と勝ち点3を狙うことを力強く語った。