日本代表は11日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1−1で引き分けた。原口元気のゴールで先制した日本だったが、後半はオーストラリアに押し込まれるシーンが目立ち、PKから失点。それでも最後まで追加点を与えず、敵地で貴重な勝ち点1を奪取した。

試合後、原口元気は以下のように語った。

「チームとしていい試合をしていたので、(PKを与えてしまい)責任を感じます。悔やんでも仕方ないので、次は挽回できるように頑張ります」

「試合を見てもらえれば分かるように、全員がハードワークしていました。勝利のためにみんな頑張っていたので、申し訳ないです」

「(得点シーンは)狙っていた形、(ヴァイッド・ハリルホジッチ)監督から何度も言われていた形が出ました。得点に関しては自分たちの形が出たと思います」

「今回のような試合ができて、なおかつ、ああいうミスが無ければ勝ち点3を取り続けられると思う。もう1回勝ち点3を取りにいきたい」