レアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの母親ピラール・ルビオさんが、ソーシャルメディア上で息子の殺人予告を受けている。

現在、ルビオさんの『ツイッター』アカウントには、ハメスの殺害を予告するメッセージが届いている。その内容は「武装してお前の家に向かっている」「ハメスは国家の恥。人間のクズ」「ハメスが死体になるのを見たいか?」といったものだ。その中には銃や弾丸が詰められた鞄に、手書きで「ハメス・ロドリゲス」と綴られた紙が貼ってある画像もある。

以上のツイート群は、@Frekemanというアカウントからルビオさんに届けられている。また先の画像で鞄に貼られた紙には、ソーシャルメディア上で脅迫や差別、迫害を行うなどしている集団、レヒオン・オルクの名も。レヒオン・オルクは、FBIにおいて要注意とされている集団だ。

ルビオさんは『ツイッター』で一連の殺人予告のツイートを公開し、「この人は気が変なのかしら? 私に(息子の)死体を見ろと直接的に言ってくるの」とつぶやいている。