バイエルンに所属するポーランド代表FWのロベルト・レバンドフスキは、ドルトムント時代の恩師ユルゲン・クロップを今でも気にかけているようだ。『Goal』の取材に対して語ってくれた。

レバンドフスキとクロップはドルトムントで2010-11、11-12シーズンにブンデスリーガ連覇を成し遂げるなど、一時代を築いた。現在、レバンドフスキはバイエルンのエースとして、クロップはリヴァプールの監督として活躍している。

別々の道を歩む両者だが、レバンドフスキは恩師を今でも慕っているようだ。

「クロップがリヴァプールへ行って以来、何度か試合を見ているよ。選手たちは楽しんでプレーしているよね。彼は常に選手の味方でいてくれる。父親のような存在と言えるね。だから周囲から信頼を得られるんだ」

また、今シーズン好調を維持するリヴァプールが優勝争いに加わると考えていると明かし、「ペップ(=ジョゼップ・グアルディオラ監督)とマンチェスター・シティを相手にするのは簡単じゃないけど、リヴァプールにとって本当にチャンスだと思うよ。ヨーロッパの大会に出場していないから、フレッシュな状態で試合に臨めるし、ケガのリスクも低いしね」と、快挙を成し遂げる可能性があると話した。