グラナダは28日、パコ・ヘメス監督の解任を発表した。

グラナダはリーガエスパニョーラで6試合を終え、2分け4敗という成績。現在、19位に位置している。

グラナダは今夏P・ヘメス監督を今夏招へいし、3年契約を結んでいた。しかしながら成績不振を理由に指揮官の解任へと踏み切っている。今後はグラナダBで指揮を執ってきたルイス・プラナグマ氏がトップチームを率いることになる。

昨季までラージョ・バジェカーノを率い、攻撃的なサッカーを信奉することで知られるP・ヘメス監督だが、6試合で15失点と守備が崩壊して勝ち点を重ねられなかった。同監督は28日に選手たちに別れを告げ、アンダルシアの地を後にしている。