ヴォルフスブルクのディーター・ヘキング監督が解任された。クラブの公式サイトが発表している。

ヴォルフスブルクは今シーズン、厳しいスタートを切った。ブンデスリーガでは1勝3敗3分けで14位に沈み、現在は6試合勝利なしとなっており、その中にはホームでドルトムントに1−5と敗れた試合も含まれている。そのため、クラブはヘキング監督の解任を決断し、以下のような声明を発表した。

「ヴォルフスブルクとヘキングは双方の合意により、ともに仕事することを終わりにした。今後はU−23の指揮官を務めるヴァレリエン・イスマエルが暫定監督に就任し、指揮を執る」

同時にヘキングも「もちろんがっかりしているが、これも監督の仕事の一部だ。上手くいかなければ、解任される準備をしなければならない。このクラブと冒険を続けたかったが、クラブの決断を尊重している」とコメントした。