15日のリーガエスパニョーラ第8節、アトレティコ・マドリーは本拠地ビセンテ・カルデロンでのグラナダ戦で7−1の大勝を飾った。この一戦でキャリア初となるハットトリックを達成したMFヤニック・カラスコは、試合後に「アトレティコで最も幸せな日の一つ」との感想を述べた。

スペイン『マルカ』がベルギー代表MFのコメントを伝えている。

「勝利できたことに満足している。立ち上がりは難しいものだったからね。でもこの結果は、自分たちのパフォーマンスがどういうものであったかを示している。同様に、キャリアで初めてハットトリックを達成したことを幸せに感じているよ」

>