バイエルン・ミュンヘンMFシャビ・アロンソがスペイン『マルカ』とのインタビューで、サッカーの各プレーにおけるスペシャリストたちを選定した。

X・アロンソはまず、最高のプレースキッカーとしてデイビッド・ベッカムの名を挙げ、「僕はかなり好きだ」と語った。またミドルシュートが最もうまい選手にはリヴァプール時代のチームメートであるスティーブン・ジェラードを選び、最高のドリブラーは現チームメートのドウグラス・コスタとしている。

そのほか、ショートパスによってチームの連係を形づくれる選手に挙げたのは、アンドレス・イニエスタ、シャビ・エルナンデス、ルカ・モドリッチ。自身も得意とするロングパスの名手はトニ・クロースとして、最高のPKキッカーにはレアル・ソシエダでともにプレーしたシャビ・プリエトを選んでいる。

X・アロンソは最後に、最もポジショニングが良いGKにマヌエル・ノイアーの名を挙げ、「すべてのプレーがうまい」との感想を述べた。