リーグ・アン第6節が21日に行われ、ニースとモナコが対戦し、ニースが4−0の快勝を収めた。

開幕5試合で負けていない上位同士の対戦だったが、この日はホームのニースが圧倒。その主役にいるのはフランスで復活の狼煙を上げているFWマリオ・バロテッリであった。

17分にニースは先制点を挙げると、バロテッリが追加点を挙げる。センターサークル付近から浮き球のスルーパスに反応すると、ペナルティエリア内右側から右足を振り抜く。これがポストに当たりながらファーサイド隅に決まって、格の違いを見せつける。さらには後半の68分、味方の崩しから中央で待っていたバロテッリが落ち着いて流し込み、この日2点目を決めた。バロテッリはリーグ戦2試合目の出場となったが、どちらでも2得点をマークしている。

チームは86分に4点目を挙げ、快勝。リーグ唯一の無敗チームとなり、首位に浮上した。