イタリア代表の守護神ジャンルイジ・ブッフォンが、6日に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選のスペイン戦に向けて意気込みを語った。

イタリアとスペインはユーロ2016のベスト16で対戦。イタリアが2−0で勝利し、“無敵艦隊”の3連覇を阻んだ。

ブッフォンはスペイン代表に関して「彼らは新しいサイクルをスタートさせている。(依然として)とても強いチームだ」と評価するとともに、「イタリアはユーロ2016で彼らに勝ったけど、それに満足しないことが試合に臨む上でとても大切なことだと思う」と、過去の栄光に浸ることは試合にいい影響を与えないという見解を示した。

さらに、「イタリア対スペインはいつだって重要な試合なんだ。ロシア・ワールドカップはまだ先だけど、前進していかなければいけない」と、出場権獲得へ向けた大一番へ意気込んでいる。

また、「アドレナリンが溢れ出すような試合が、私は大好きだ」と明かし、ビッグマッチが待ちきれない様子だった。