ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦(6日)、オーストラリア戦(11日)に臨む日本代表が4日に練習を行った。ミランに所属するMF本田圭佑が取材に応じている。

ミランで出場機会を失っているレフティーにとって、イラク戦は久々の実戦となる。「自分の中で久しぶりに試合するということで楽しみ。すごくポジティブな意味でイラク戦、オーストラリア戦でサッカーを楽しみながら、結果を出したい」と、意気込みを語った。

一方でコンディションが懸念されるところだが、「当然、(不安が)ないわけがない。でもそれもいかに結果に結びつけるかということが求められてる。心配の声を消せるくらいしっかり結果を出したい」と、不安があると認めた中で、万全の準備で試合に臨むと話している。

また、今シーズンは本田だけでなく、岡崎慎司や香川真司といった今までレギュラーとしてプレーしてきた海外組がクラブで出場機会を得られていない状況にある。

もっとも、本田は「そんなに心配はしてない。そんなに心配してないというのをしっかりピッチで出したいなと思います。ゴールに絡むプレーは必ず求められる。そこだけしかしっかりイメージしてないですし、できると思います」と、結果を出すことで周囲を納得させていきたいと話している。

日本代表は同予選初戦のUAE戦でまさかの敗戦を喫した。続くタイ戦に勝利したことで1勝1敗となり、第3戦のイラク戦を迎える。