フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第4節でインゴルシュタットと対戦し、2−0で勝利した。連戦の影響で出番のなかったフランクフルトのMF長谷部誠はチームの勝利を喜んでいる。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。

昨シーズンは残留争いに巻き込まれたフランクフルトだが、ここまで3勝1敗と良いスタートダッシュを見せている。長谷部は良い雰囲気で戦えていると話し「チームも良い状態ですし、今日出た選手も良いゲームをしました。チーム内の競争が出てきているというのはすごく良いことだと思います」と語った。

また、昨シーズン途中から就任したニコ・コバチ監督を高く評価し「監督は『フレッシュな選手を使う』と言っていて、そのへんは徹底していますし、戦術もかなり細かくやります。本当に良い監督で、それに引っ張られるように選手もいい形でできていると思います」とコメントしている。

「次の試合に向けて良い準備をする」と語った長谷部が、次に対戦するのはヘルタ・ベルリン。日本代表MF原口元気などの活躍で開幕3連勝と波に乗るチームを相手にするが「自分たちはホームでかなり力を出せる。これでまた勝ち点3を積み上げられたら、上が見えてくるので、そういう意味ではすごくポジティブな雰囲気だと思います」と話し、上位進出を見据えた。