ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦(6日)、オーストラリア戦(11日)に臨む日本代表が4日に練習を行った。浦和レッズに所属する柏木陽介が取材に応じた。

イラク代表の印象を問われると、「守備は人にちゃんと来ると思ったし、どちらかと言うと、守備的なチームなのかなという印象がある。ブロックをしっかり敷いているけど、サイドと裏の使い分けができれば崩せるチャンスはたくさんあると思う。その役を担うのは自分」と話した。

また、全員が揃った代表チームの雰囲気について、「高いモチベーションできているし、みんないい目をしてきている。みんなが揃って完全に練習というのはまだできていない状況ですけど、その中でも試合に勝っていかないといけないのが日本代表だと思っているので、内容どうこうより勝ちにこだわった試合をしていかないといけない。出た人が死ぬ気で戦う。自分が出たらベストを尽くすという気持ちはみんな持っている」と語った。

日本代表は同予選初戦のUAE戦でまさかの敗戦を喫した。続くタイ戦に勝利したことで1勝1敗となり、第3戦のイラク戦を迎える。