24日のリーガエスパニョーラ第6節ラス・パルマス戦(2−2)の後半に交代を命じられ、憤りを表したレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドだが、スペイン紙のアンケートでは大多数がジネディーヌ・ジダン監督の判断を後押ししている。

C・ロナウドはラス・パルマス戦で、レアルが2−1でリードしていた72分にMFルーカス・バスケスと交代。ピッチから下がる際には、タッチを求めたジダン監督と目を合わせないなど、交代に納得していない様子をうかがわせた。レアルはその後ラス・パルマスのゴールを許し、ビジャレアル戦に続き勝ち点1を分け合っている。

スペイン『アス』電子版はこれを受けて、「ジダンがC・ロナウドを下げたのは正解でしたか?」とのアンケートを実施。7921票が投じられた結果、約84%となる6669票がジダン監督の判断を支持している。

なおジダン監督は試合後、C・ロナウドを交代させた理由を「ミッドウィークにドルトムント戦があるため、休ませなければならなかった」と説明している。