日本代表は11日に行われるロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のオーストラリア戦へ向けて前日練習を行った。

敵地でのオーストラリア戦ということで、試合は守る時間が長くなることも予想される。キャプテンのMF長谷部誠はカウンターを挙げながら、攻撃参加について以下のように話した。

「今までの予選の試合よりは守備の時間っていうのは多少、長くなる部分はあるかもしれないですけど、攻められた時のカウンターであったりは狙っていかなければいけないと思います。個人的にはもちろん攻撃にも絡んでいかなければいけないと思いますけど、まずは失点をしないってことが大事なので、そこは自分がバランスを取って行くところかなと考えています」

続けて「相手が違えば自分たちも相手の研究をして、相手がどのような形でやるかという長所と短所を研究してそこを突くというのがあります。その中で自分たちが変えていく部分っていうのはやはりありますし、それが上手くはまればいいと思います」と変化を必要とする可能性にも言及した。

また、このタイミングでグループ首位を走るオーストラリアと対戦することについて問われ「どういう状況であれ、オーストラリアとは戦わなければいけないんですけど、客観的に見てもこのアウェー・オーストラリアが一番厳しい試合になるかなというのはありますね。ただ自分たちは今、ケガ人もたくさんいますけど、チームメート、試合に出る選手だけじゃなくて、ベンチワークも含め、100%チームメートを信頼してますから、いい意味で自信を持ってやっていきたいかなと思います」と意気込みを語った。