トッテナムに所属する韓国代表FWのソン・フンミンが、9月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞を受賞した。アジア人として初の快挙となる。

ソン・フンミンは好調トッテナムをけん引する存在となっている。9月10日に行われた第4節のストーク・シティ戦で2得点を記録すると、9月24日の第6節ミドルスブラ戦で再び2得点をマーク。2−1での勝利に貢献し、チームに3ポイントをもたらした。

得点だけでなく、テクニックとイマジネーション溢れるプレーで決定機を演出し、前線で労を惜しまずに動き回ってチームの潤滑油となっている。同賞の対象外ではあるが、10月2日に行われたマンチェスター・シティ戦ではデレ・アリのゴールをアシストするなど大車輪の活躍で2−0の勝利に大きく貢献するなど、スパーズに欠かせない選手に成長した。

ソン・フンミンは「この賞を取るのが夢だった。2回も3回も取りたい。この賞を家に持って帰って家族に見せたら信じられなくて大喜びするだろうね」と、さらなる飛躍へ意欲を見せている。