この夏マンチェスター・シティに加わったドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンだが、恩師の助言がプレミアリーグ行きを後押したそうだ。選手本人がドイツ『シュポルト・ビルト』で明かしている。

ボルシア・ドルトムントからシティに移籍したギュンドアンは、新たなクラブで上々のスタートを切っている。先週のチャンピオンズリーグ(CL)ボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦で加入後初出場を果たすと、続くプレミアリーグ第5節ボーンマス戦ではゴールを決めた。

そんなギュンドアンだが、新たな挑戦に多少の不安を覚えていたのかもしれない。移籍を決断する前に、ドルトムントで4年間指導を受け、去年の秋からリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督からアドバイスをもらったという。

「正直、彼にプレミアリーグが僕に合っているのか聞いたよ。彼は『イエス』と答えて、僕がここを居心地良く感じるだろうと話してくれた。プレースタイルに完璧にフィットするだろうともね」

いずれにせよ、今季からシティで指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督からの誘いに断りを入れることはできなかったかもしれない。

「彼は信じられないほどのカリスマ、オーラを持っている。それにサッカーを知る人なら分かることだけど、ペップのサッカーは常に(相手を)圧倒しつつ、成功に結び付くスタイルだ」

「彼が欲しいと言うなら、それは高い評価を意味する。僕は彼が望んだ最初の選手だったんだ。そのときはまだケガしていたのにね。それは多くを物語っていると思う。彼は非常に高い基準を求めるが、それに応えることができれば、100%成長できることを確信している」