ロシアワールドカップ・アジア最終予選でも重要な試合となる、”グループ最強”オーストラリアとのアウェー戦を11日に控える日本代表。

6日のイラク戦では、MF山口蛍の試合終了間際の劇的弾で勝利。苦しい戦いを強いられた一方で、チームやサポーターが喜びを爆発させた。

その試合について「内容的にはどうかなという感じでしたけど、最終的に勝ったので、いい雰囲気をこっちに持ってこれた」と、8日に行われた現地での練習後、MF清武弘嗣が振り返った。

イラク戦ではトップ下で先発し先制点のアシストもした清武だが、自身のプレーについては「攻撃が単調になりすぎていた、もっとボールを触ってリズムを作っていいところもあった、タテに急ぎすぎているところもあった」と反省。

「まだ考えながらやっている段階」としながら、ヴァイド・ハリルホジッチ監督が目指す「タテに速い攻撃」を意識しつつも、「毎回できるわけではないので、その時にボールを落ち着かせて、ボールを保持しながら攻めていく」ことの重要性を強調した。

“現時点でグループのなかで一番強い”と言われているオーストラリアについては、「良い選手は勿論いますけど、一人ひとりの能力を見れば、絶対日本代表の方が能力は高いと思います」と話した一方、対戦相手のフィジカルを警戒する。

指揮官が強調する『デュエル』についても「勿論必要」と前置きした上で、「相手もデカイですし、デュエルをかわすことも考えないといけない」と話し、「日本らしい戦いができないと次の試合はすごい厳しくなってくるとは思う。ボールの保持率を上げたり、遅攻と速攻を繰り返したり、考えながらやらないと厳しくなってくる」と戦い方に柔軟さを求めている。

「試合中に自分たちがいかに判断できるか」を重要なポイントにあげた清武。11日のオーストラリア戦では、チームとして、個人として判断力のある臨機応変なプレーを見せることができるか。