アーセナルに所属するスペイン代表MFのサンティ・カソルラは、ノースロンドンにとどまりたい意向を示した。『Cadena SER』で語った。

31歳のカソルラは今シーズン限りでアーセナルとの契約を終えるが、いまだにクラブから新たなオファーは届いていない。来夏にフリーエージェントとなるため、アトレティコ・マドリーなどへの移籍がうわさされている。

しかし、本人は「アトレティコ・マドリーは素晴らしいクラブだ」と語った一方、アーセナルへの愛を示し、自分から離れていくつもりがないと明かしている。

「僕はここで幸せだよ。(アーセン・ヴェンゲル)監督やチームメートから信頼されていると感じるんだ」

「もしクラブが新しい契約のオファーを提示してくれれば、サインすると思うよ。この素晴らしいクラブにいられて、本当に幸せなんだ」

カソルラは2012年にマラガから加入し、正確なキックやひらめきを武器にアーセナルの中盤を支えてきた。昨シーズンは負傷により21試合しか出場できなかったが、果たして残留を熱望するスペイン人プレーメーカーに新オファーは届くのだろうか。