2日のリーガエスパニョーラ第7節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのエイバル戦を1−1で引き分けたレアル・マドリーだが、FWクリスティアーノ・ロナウドはファンの批判に納得がいかないようだ。

エイバル戦でも勝ち切れることができず、公式戦ここ4試合をすべてドローゲームで終えたレアル。エイバル戦終了のホイッスルが吹かれた直後、ベルナベウの観衆はチームに対して強烈なブーイングを浴びせていたが、C・ロナウドがそれに対してリアクションを見せていた様子だ。

スペイン『クアトロ』は、ロッカールームに続くトンネルへと向かうC・ロナウドが何かをつぶやき続ける様子を捉えていた。そして「何て我慢が足りないんだ!」という、観衆に向けた言葉を口にしていたことを、読唇術によって説明している。

C・ロナウドはリーガ第6節ラス・パルマス戦で試合途中にピッチから下がった際にも、『クアトロ』に話していた内容を説明されていた。そのときには「なぜ俺なんだ? 2−1とするためにできる限りのことをやったってのに、くそったれ…」と、ジネディーヌ・ジダン監督を批判していたとされる。