ベルギー代表GKティボ・クルトゥワは所属クラブのチェルシーに何の不満もないことを明かしている。イギリス紙『ミラー』が報じた。

クルトゥワは2014年、レンタル先のアトレティコ・マドリーからチェルシーへ復帰。長年チェルシーで守護神を務めたペトル・チェフをベンチに追いやったが、イングランドではアトレティコ時代のような輝きを見せられているとはいまだ言い難い。

今夏は古巣のライバルであるレアル・マドリーへの移籍の可能性が報じられ、本人も「チェルシーでキャリアを終えるとは思わない」と発言したことで一気にうわさ話は加速した。しかし、本人は現状、チェルシーで幸せであることを語っている。

「チェルシーファンの動揺は理解している。スペインに戻りたいとは言ったが、キャリアが終わった後になる可能性だってある。僕はチェルシーで幸せだし、どうなるか見てみようじゃないか。今はこのクラブでタイトルを獲得したい」

クルトゥワは今シーズン、プレミアリーグ第7節終了時点で最低のセーブ率を記録している。枠内シュート2本のうち1本は決められるという不名誉なデータを改善していきたいところだ。