セビージャのホルヘ・サンパオリ監督が、パリ・サンジェルマンで出場機会を得られていないMFハテム・ベン・アルファについて記者会見でコメントしている。

ベン・アルファは9日に行われたサンテティエンヌ戦以降、公式戦4試合連続でベンチ外となっている。ウナイ・エメリ監督は招集外に関して「すべての選手がチームのために働いているし、私の決断だ。私には他の選手と同じように接する責任がある。ハテム(ベン・アルファ)とは他の選手と同じくちゃんと話をしたよ」とコメントした。

今夏にベン・アルファの獲得を目指したサンパオリ監督にとってこの状況はもどかしいようで「(夏に)話をしたが、彼はPSGを選んだ。このような状況になってしまって悲しいよ。彼のような選手が能力を発揮できていないのは残念だ。冬に移籍のため、電話をかけてきてくれることを祈っている」と話した。

また、ウナイ・エメリ現PSG監督の後を継ぎ、プレッシャーはあるかということについては「彼がセビージャで多くのタイトルを獲得したことは知っているが、プレッシャーは感じていない。彼はクラブの歴史に名前を残した一人だが、私は今のレベルを維持するために全力で戦うと約束する」と語っている。