レアル・マドリーとの契約延長交渉に臨んでいるMFガレス・ベイルだが、FWクリスティアーノ・ロナウドと同等の年俸額を要求しているという。イギリス『タイムズ』が報じた。

2019年まで結ぶ契約の延長交渉を行っているレアル&ベイル。『タイムズ』曰く、ベイルは契約延長の条件として、C・ロナウドと同じ扱いを受けることを求めているようだ。

ベイルの現在の週給は52万5000ポンド(約6600万円、所得税の負担額込み)だが、今回の交渉でそれを75万ポンド(約9500万円)まで引き上げることを求めている模様。C・ロナウドが現在受け取っている年俸1900万ポンド(約24億円)を考慮した要求額であるという。

なおレアルは、ベイルとの契約を2021年まで延長する考えとみられる。