ロシア・ワールドカップ欧州予選が6日に行われ、ウェールズ代表はオーストリア代表と対戦した。試合は2−2のドローに終わったが、エースのFWガレス・ベイルは勝ち点1を得られたことをポジティブにとらえている。イギリス『BBC』が報じた。

ウェールズは2度に渡り、リードを奪いながら、アウェーで勝ち点3を獲得することはできなかった。それでも勝ち点1を積み上げ、グループDの首位を守っている。ベイルは悪くない結果だと話した。

「ここでの戦いは難しい。オーストリアは多くの相手をホームで打ち破ってきたし、1ポイントはポジティブなものだよ。次節ホームで行われるジョージア戦に勝利することが必要だ」

一方、チームを率いるクリス・コールマン監督はベストのパフォーマンスでなかったことを認め、3ポイントを獲得できたと悔やんでいる。

「正直に言えば、もっとポイントを取れたと思っている。我々はベストパフォーマンスではなかったし、オーストリアがホームで強いということはわかっているけどね。3ポイントを得るには、すべての局面で最高のプレーが必要だった。解決策はすでに見つけているよ」