ロシアワールドカップ・アジア最終予選でも重要な一戦、アウェーでのオーストラリア戦を11日に控える日本代表。

9日、現地での練習を終えた日本代表FW原口元気は、オーストラリア戦を見据え「際どい勝負になる」と話した。

原口自身はオーストラリアとは初めて対戦する。フィジカルを前面に押し出すスタイルからパスをつなぐスタイルに変化しているとされるオーストラリアに対して原口は、「つないでくるチームはヨーロッパにもたくさんあるので、何の違和感もない」と話した。

ただし「よりフィジカル的に強い相手なので、逃げたら弾かれる」と警戒心を見せるが、「自分から取りにいくことで相手にプレッシャーをかける」ことを狙っている。

また、オーストラリア代表には浦和レッズ時代の同僚であるDFマシュー・スピラノビッチがレギュラーに君臨している。かつての仲間との再会については、「あいつも成長したと思うし、長いこと見ていないからわかりませんが、浦和にいたときからポテンシャルはすごく高かった選手なので、久しぶりに会えて楽しみです」と再会を心待ちにしているようだ。

状況次第ではマッチアップすることも考えられる両者。11日の試合では、二人の対戦にも注目したい。