国内女子
 国内女子ツアーのミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントが23日、宮城県の利府ゴルフ倶楽部で開幕した。第1ラウンドの競技を終えて、7アンダー65の単独首位に立ったのはホステスプロ・香妻琴乃。2打差2位には李知姫(韓)が続き、3打差3位タイには木戸愛、申ジエ(韓)らが並んでいる。

 ツアー初勝利を目指す香妻が自身初の首位発進を切った。アウトスタート出だしから連続バーディを奪うなど、この日は最後までノーボギーのまま計7バーディを量産。後続に2打差をつけてトーナメントをリードした。賞金ランキングは現在56位。腰痛の影響などもありで好不調の波が激しいシーズンを送っている24歳だが、勢いそのままに初優勝となるか注目だ。

 香妻を僅差で追うのは李や申という強豪のほか、今季2位(タイ含む)が2回で惜しくも勝利を逃している木戸愛に、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯で2位タイに入った下川めぐみ。4打差6位タイからはキム・ハヌル、アン・ソンジュ(ともに韓)らが上位をうかがう。

 そのほか、賞金ランク首位独走中のイ・ボミ(韓)は1アンダー71の13位タイ。連覇を狙う表純子はイーブンパーの28位タイにつけた。2005年覇者で米ツアーから帰国参戦の横峯さくらは、09年大会を制した有村智恵らとともに1オーバー73の41位タイとなっている。