国内女子
 国内女子ツアーのミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントが24日、宮城県の利府ゴルフ倶楽部で第2ラウンドの競技を終え、7アンダー65のチャージを見せた申ジエ(韓)が通算11アンダーで単独首位に浮上。前日トップの香妻琴乃は通算9アンダー単独2位に順位を下げている。

 初日に「65」をマークして同ツアー自身初の首位発進を切った香妻は、この日2アンダー70と伸ばすも申の勢いには及ばず。前半はノーボギーの3アンダーで一時10アンダーに乗せたものの、後半1オーバーと勢いを落とした。7バーディ量産の申とは2打差がついたが、悲願のツアー初優勝へ最終日逆転となるか。

 今季1勝の李知姫(韓)が通算8アンダーの3位。通算7アンダー4位タイには、今季3勝目を狙う笠りつ子に木戸愛、キム・ハヌル(韓)が続いた。賞金ランキング2位につける笠は5アンダー67のラウンドで前日11位タイから浮上している。

 賞金ランク首位独走中のイ・ボミ(韓)は、昨季覇者の表純子らと並ぶ通算3アンダー15位タイ。2005年覇者で米ツアーから帰国参戦の横峯さくらはスコアを伸ばせず、通算1オーバー41位タイとなっている。