PGAツアー
 米男子ツアーの来季出場権をかけた“ウェブ・ドットコム・ツアー・ファイナルズ"第3戦、ネーションワイド・チルドレンズ・ホスピタル選手権が現地時間24日、オハイオ州のオハイオ・ステイト・ユニバーシティGCで第3ラウンドの競技を終えた。

 通算13アンダーで2位と3打差のトップに立ったのは、今季下部ツアー1勝ですでに来季米ツアーシード権を確定させているマーティン・フローレス(米)。タグ・リディングス(米)とともに首位から出ると、序盤はパットに苦戦したとしながらも7バーディ、2ボギーの5アンダー66をマーク。リディングスを大きく突き放して最終18ホールへ向かう。

 以下、通算9アンダーの単独3位にグレイソン・マレー(米)。ツアー4勝のカミロ・ビジェガス(コロンビア)は「73」で通算1アンダー35位タイに後退した。そのほか、欧州ツアー3勝のキラデク・アフィバーンラト(タイ)も同じく「73」で通算イーブンパー42位タイとなっている。

 なお、日本人で唯一出場の岩田寛は通算7オーバーで予選落ちを喫した。