国内男子
 国内男子ツアーのHONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLFは6日、茨城県の石岡ゴルフ倶楽部で第1ラウンドの競技を終了。デービッド・オー(米)、41歳の海老根文博が7アンダー64で単独首位に立つ中、2打差の4位タイに今平周吾、宮里優作らがつけている。

 2年ぶり2勝目を狙うオーは、立ち上がりの1番パー4でセカンドが入りイーグルを奪取。幸先の良いスタートを切ると次の2番でもバーディを奪う。4番でボギーを叩くものの、次の5番でスコアを取り戻し、さらに7番でもバーディパットを決め、4アンダーでハーフターン。後半はバーディを3つ奪い、1イーグル、6バーディ、1ボギーで好スタートを切った。

 1打差の単独3位には、S・H・キム(韓)。現在賞金ランキング7位の今平は1イーグル、5バーディ、2ボギーの内容で宮里、正岡竜二、額賀辰徳ら8人と並んで4位タイで初日を終えた。

 また、前週大会でツアー2勝目を飾った片岡大育、ホストプロの上井邦裕、小平智は4アンダー67の13位タイ。賞金ランク3位の池田勇太が3アンダー68の20位タイ、同ランク1位の谷原秀人は1アンダー70の49位タイとなっており、賞金王争いの行方にも注目したい。