ヨーロピアン
 欧州ツアーと豪ツアー共催のフィジー・インターナショナルが現地時間9日、フィジーのナタドラ・ベイGCを舞台に最終ラウンドが終了。ブラント・スネデカー(米)が後続と9打差をつける圧勝で、自身初となる欧州ツアー優勝を飾った。

 前日の悪コンディションの中でスコアを伸ばしたスネデカーは、この日も調子を維持した。フロントナインで4バーディ、ノーボギーの32をマークすると、この日4アンダー68で回り通算16アンダーでホールアウト。前週のライダーカップに続き2週連続でトロフィを手にし、前回大会のマット・クーチャー(米)に続く米国勢2連勝を飾った。

 この日4位タイからスタートしたマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)は他の上位陣が苦しむ中、4バーディ、4ボギーの72で回り、通算7アンダーの単独2位でフィニッシュ。一方、前日を首位と3打差の2位につけたオーストラリア人のアンソニー・ヒューストンは8番でダブルボギーを叩くなど3オーバー75と苦しみ、通算6アンダーの3位タイとなった。

 そのほか2日目をトップで終えたマシュー・ジャイルズ(豪)は前日に続き、スコアを落とし、ブラッド・シルトン(ニュージーランド)とアンドリュー・エヴァンス(豪)とともに3位タイ。また、地元出身のビジェイ・シン(フィジー)は最終ラウンド2アンダー69をマークし、36位タイから21位タイへ順位を上げた。