ヨーロピアン
 欧州ツアーのブリティッシュ・マスターズが現地時間13日、英国のザ・グローブを舞台に開幕。第1ラウンドの競技を終えて、5アンダー66の首位に地元英国のトミー・フリートウッドら4人が並び、1打差5位タイグループにもリー・ウェストウッドやアンドリュー・ジョンストンら英国勢が名を連ねた。

 午前組のマーク・ウォーレン(スコットランド)とミッコ・イロネン(フィンランド)が一足早く5アンダーでラウンドを終える中、ツアー2勝目を狙うフリートウッドは午後アウトスタートで出だしから連続バーディを奪うと、以降ノーボギーのまま3バーディを上積み。同じく5バーディ、ノーボギーで回ったリチャード・スターン(南ア)含む4人でトップを分け合っている。

 1打差5位タイに続いたのは、今季2勝のアレクサンダー・ノレン(スウェーデン)とウェストウッドら英国勢6人。“ビーフ"ことジョンストンに加え、リー・スラッテリーにジェームス・モリソン、リチャード・ブランド、デビッド・ホージーも母国優勝への好位置につけている。

 今大会に勝てば英国人としてはツアー史上最年少(22歳45日)での連覇達成となるマシュー・フィッツパトリック(英)は、3バーディ、2ボギーの1アンダー70でホールアウト。首位と4打差29位タイから上位をうかがう。そのほか、元世界ランキングNo.1で今大会ホストのルーク・ドナルド(英)は6オーバー77の110位タイと出遅れている。