PGAツアー
 米国時間16日に最新のゴルフ世界ランキングが発表され、国内ツアーの日本オープンゴルフ選手権でメジャー初勝利を手にした松山英樹が前週の18位から13位に浮上した。

 同大会では松山が通算5アンダーで回り、自身初となる公式戦のトロフィを獲得。ツアー通算7勝目を挙げ、前週から5ランクアップ。同大会2位タイの池田勇太は順位を9つ上げ、日本勢2番手の58位につけた。池田は谷原秀人をかわして国内賞金ランキングでも1位となっている。また同大会7位タイの石川遼は9ランク上げ102位に。日本勢3番手の谷原は71位となっている。

 そのほか、米男子ツアーの2016-17シーズン開幕戦、セーフウェイ・オープンで5年ぶりの復活優勝を飾ったブレンダン・スティール(米)は31ランクアップの57位に浮上。欧州ツアーのブリティッシュ・マスターズで今季ツアー3勝目を挙げたアレックス・ノレン(スウェーデン)は自己最高の18位となった。

 なおランキング上位は、1位ジェイソン・デイ(豪)、2位ダスティン・ジョンソン(米)、3位ローリー・マキロイ(北アイルランド)で続き、以下12位まで前週から変動はない。