米男子ツアーの2016-2017シーズン初戦、セーフウェイオープン が現地時間13日、カリフォルニア州のシルバラードCCノースコースを舞台に開幕。2013年から昨季までフライズ・ドットコム・オープンの名で親しまれた同大会が、今季より新たな冠スポンサーを迎えて開催される。

 ライダーカップ終了から1週間の短いオフということもあり、多くの有力選手が出場を見送っており、世界ランキング最上位は12位のポール・ケイシー(英)。昨季は優勝こそ無かったものの、プレーオフシリーズのドイツ銀行選手権で2位、BMW選手権で2位、ツアー選手権では4位に入るなどの活躍を見せている。今大会は初出場となるが、上り調子とあって米ツアー2勝目にも大きな期待がかかる。

 昨年この大会を制したのはウェブ・ドットコム・ツアーの入れ替え戦を勝ち上がり、PGAツアーに昇格したばかりのエミリアーノ・グリッロ(アルゼンチン)。通算15アンダーで並んだケビン・ナ(米)とのプレーオフを制しツアー初優勝を飾った。昨シーズンは開幕から5戦連続初優勝者が誕生するなど多くのルーキーが活躍したシーズンの幕開けとなった。

 また、世界ランク15位のフィル・ミケルソン(米)やウェブ・ドットコム・ツアー・ファイナルズ初戦で優勝したブライソン・デシャンボー(米)、ジャスティン・トーマス(米)らも参戦。なお、松山英樹、石川遼は今週日本オープンゴルフ選手権に出場するため見送っている。