米男子ツアーの2016-17シーズン初戦、セーフウェイオープンが現地時間14日にカリフォルニア州シルバラードCCノースコースで第2ラウンドの競技を行ったものの、悪天候による進行の遅れから日没サスペンデッドが決定。前日首位のスコット・ピアシー(米/12ホール終了)が通算14アンダーで暫定首位につけている。

 豪雨による中断を挟んで順延となった第2ラウンド。前日の「62」で2打差トップに立ったピアシーは前半5番でバーディを先行させると、9番パー5で残り42ヤードを直接沈めてイーグル奪取。続く10番でもバーディを奪い、12ホールを1イーグル、2バーディ、ノーボギーのラウンドで、ツアー4勝目へ向けて暫定ながら2打のリードを維持している。

 首位と2打差の暫定2位につけたのは、ピアシーと同じくツアー4勝目を狙うジョンソン・ワグナー(米)。後半14番までをノーボギーの5アンダーで回り、通算12アンダーで2日目を終えた。通算11アンダー暫定3位にはポール・ケーシー(英/12ホール終了)が続き、2アンダー70で回ったビル・ハース(米)らが通算8アンダー暫定4位タイにつけている。

 そのほか、22位タイから出たフィル・ミケルソン(米)は連日の「69」で通算6アンダー暫定10位タイ。連覇を狙うエミリアーノ・グリーヨ(アルゼンチン)は2アンダー70で通算5アンダーとし、ジョン・ラーム(スペイン/13ホール終了)らと並ぶ暫定19位タイで2日目を終えた。一方、今年4月にプロ転向したブライソン・デシャンボー(米)は36ホールを終えて通算イーブンパー97位タイと予選通過は厳しい状況となっている。