北陸新幹線の開通によって東京からのアクセスも飛躍的に向上した石川県金沢市。

加賀100万石とうたわれ、栄華を誇った北陸の古都金沢には、古くから金沢の人々に愛されている様々なグルメが存在します。

そんな金沢に、丁寧な手仕事で最高の時間を過ごさせてくれるお店がある事をご存知でしょうか?

それが今回ご紹介する「味楽 ゆめり」です。

・スタートは美味しい金沢の地ビールから
こちらのお店で提供されているビールは、「金澤駅前もてなし会」が作ったオリジナル地ビール「金沢ラガー」。

こちら、金沢駅の近くにある23の飲食店でしか提供されていないビールのため、まずはこの場所でしか呑めないビールを堪能し、美味しい日本酒や料理への期待を高めておきましょう。

金沢駅構内にある金沢百番街のスーパーマーケット「100banマート」でも販売されているため、気に入った方はお土産にしてもいいかもしれません。

・美味しい日本酒ばかり
ビールで喉を潤した後は、やはり日本酒。

これまたこちらでしか味わえない、お店の名前のついた奥能登・宇出津(うしつ)のおいしい日本酒から、金沢の地酒まで、さまざまな地酒が揃います。

そのどれもが美味しいので、気になったお酒をいろいろと試してみるのもいいかもしれません。

・奥能登・宇出津(うしつ)の美味しい食材
そんなこちらのお店、店主のご出身の奥能登・宇出津(うしつ)から仕入れた食材をメインにつかったお店。

宇出津港から仕入れられた新鮮な魚を店主自らが腕をふるい、最高の状態で提供されるのがこちらのお店のポイント。

例えばノドグロは、たっぷりと脂がのっており、石川県産の美味しいわさびとの相性は抜群。

軽く炙られた太刀魚は、絶妙な食感と香ばしい味わいがたまらない逸品に仕上がっています。

もちろん蒸したてのアワビは、素晴らしいウマミが口の中いっぱいに広がり、その食感も楽しませてくれます。

そんな最高の美味しい奥能登・宇出津(うしつ)の食材を、これまた奥能登・宇出津(うしつ)の日本酒で流す、まさに至福のひとときを堪能する事ができます。

他にも赤イカの天ぷらは、プリプリとした食感とイカ本来の甘みとウマミを堪能できますし、

加賀太キュウリとジュンサイの酢の物は、さっぱりとしていながらも、野菜の濃いウマミを楽しむ事ができます。

心ゆくまで石川の美味しい料理を楽しんだら、最後のシメは、美味しい卵かけ御飯がオススメです。

能登地鶏の美味しい卵で味わう最高の卵かけ御飯は、お腹いっぱいでもスルッと食べてしまえるほどの美味しさです。



関東からも関西からも、非常にアクセスが良くなった金沢。

そんな金沢で、店主自らが育った場所から仕入れた絶品の素材をつかった丁寧な仕事が光る料理を味わってみてはいかがでしょうか。

きっとそこには、金沢でしか味わえない、そんな深みのある濃密な時間と味わいがあるに違いありません。

お店 味楽 ゆめり
住所 石川県金沢市本町1-3-33
営業時間 18:00〜23:00
休日 日曜日
お店のHP http://www.ne.jp/asahi/ajiraku/yumeri/index.html
お店のfacebook https://www.facebook.com/ajiraku.yumeri/