マルタ島、ゴゾ島、コミノ島という個性豊かな3つの島で構成されているマルタ(マルタ共和国)。

そのマルタ共和国の名前にもなっている「マルタ島」ですが、この島を訪れた旅行者を圧倒するのは、そのカオス具合です。

街中に出店が所せましと並んでいる、という種類のカオスではなく、マルタ島のカオスは直線の道路をいっさい敷かないマルタ人の頑固さによって生み出されています。

地図上の直線距離では15分もかかりそうもないところを、実際に車やバスで行ってみようとすると、容易に1時間以上かかることも珍しくありません。

道路はくねくねと曲がり、目的地はとっくに見えているのにいっこうに着く気配がない……そんなことがあっても、のんびりと過ごす、それがマルタ流です。

そんな入り組んだマルタ島で、目的を見失わずに楽しむ近道は、「目的を見失ってみる」ことです。

ガイドブックはスーツケースに忘れてしまって、マルタの風に吹かれるままに楽しんでみましょう。

今回は「目的を見失ってみる」手助けとなるような、3つの方法をご紹介します。

1.遺跡・博物館を見かけたらすぐに入る

マルタ共和国では、新石器時代のものとされる居住跡や神殿ががず多く発掘されています。紀元前約5千年、シチリアから狩猟者や農耕者が上陸した頃から歴史が始まりました。


マルタ島は面積も大きいので、島全体に様々な遺跡群や博物館が散在しています。どれも想像を絶するほど古い時代の調度品や生活の跡を有しているので、訪れてみて損をするなんてことはありません。

ブランド品の並ぶヴァレッタの大通りも圧巻かも知れませんが、古代の人々の生活に想いを馳せてみるのも旅行の醍醐味ではないでしょうか。

2.バスの向かわない海を目指してみる

さらなる観光地化に躍進するマルタ共和国ですが、まだまだ公共の交通機関の届かない場所も点在します。

マルタ島の“ビーチ”と呼ばれる場所は、その多くが観光地されています。海辺の人込みが好きだという方にはもってこいですが、のんびりと海での時間を過ごしたい方のためには良い経験ではないかもしれません。

ここで思い出してほしいのが、マルタ島は四方を海で囲まれた小さな島だということ。

もしも車を持っているのなら、海岸沿いの道路に沿って島を一周してみるのもいいかもしれません。

ただ、全ての道路が海に沿っているわけではなく、時には集落を迂回する必要があるのでご注意を。迷ってみるのも一興です。

3.猫さがし

マルタ島は猫好きにとっての楽園です。

マルタ島には70万匹以上の猫が生息しているといわれ、マルタ共和国全体の人口は40万人ほどですから、人間の2倍近くはいるという計算になります。

では、どこで出会えるのか。

交通量の多い中心地で見つけることは比較的困難ですが、例えば首都バレッタの小道を散策していると、ひょっこり猫に出くわすことも珍しくありません。

ねらい目は、観光地から少し外れたレストラン。

屋外の席に座って食事をしていると、身を摺り寄せてくる数匹の猫に出会えるはずです。もっと穴場は、マルタ島の東部などに位置する漁師の村々。

美味しい魚の香る村中には、贅沢な食事を待つ愛らしい猫たちがたくさん潜んでいます。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア