クリスマスマーケットの本場ドイツでは、毎年クリスマスシーズンになると各地でマーケットが開かれます。

中でも世界最古と言われているドレスデン、世界最大と言われているシュトゥットガルト、世界一有名と言われているニュルンベルクのマーケットはドイツ3大クリスマスマーケットと言われており、特に人気です。

そんな有名なニュルンベルクのクリスマスマーケットは旧市街のマルクト広場を中心にして開かれ、この時期になると辺り一面が幻想的な世界に変わります。

フラウエン教会の前には大きなクリスマスツリーが2本建ち、その前にはクリスマスの雑貨、木のおもちゃ、ロウソクなどを販売する店がずらっと並びます。

また食べ物類も充実しており、焼きソーセージや炒めたマッシュルーム、甘いものだとクレープやチョコがけのフルーツといった物が楽しめます。クリスマスマーケットの定番、ホットワインもぜひ試してみてください。お酒が苦手な方には、アルコールなしのホットワインもあります。

普段そのままでも十分に美しいニュルンベルクの旧市街ですが、この時期にクリスマスのイルミネーションをまとった街並みは、まさに息をのむほどの世界です。マルクト周辺の建物や「美しの泉」もデコレーション、ライトアップがされ、クリスマスのムードを盛り上げています。

クリスマスマーケとのすぐ近くには、「子供のクリスマス」と名付けられた子供のためのマーケットがあります。ここではメリーゴーランドや小さな機関車など、子供たちが楽しめるアトラクションが用意されています。

まるで中世のクリスマスに迷い込んだかのような、幻想的な世界を体験できるニュルンベルクのクリスマスマーケット。訪れるのであれば、教会のライトアップやイルミネーションが美しく輝く夜がおすすめです。ただドイツの冬はとても厳しいので、防寒対策はしっかりしましょう。また混雑する場所なのでスリや盗難には特に注意が必要です。

冷えた体をホットワインで温めながら幻想的な世界に身を置けば、ドイツのクリスマスマーケットに来たんだなという実感と嬉しさがこみ上げてくるはずですよ。