【ビジュアルボーイ】9/24(土)東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて、ミュージカル『刀剣乱舞』 〜幕末天狼傳〜が初日を迎えました。

名だたる刀剣が戦士の姿になった“刀剣男士”を育成するシミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES/Nitroplus)を原作としたミュージカル『刀剣乱舞』。2015年秋に初のミュージカル化を果たし、2016年5月〜6月に上演されたミュージカル『刀剣乱舞』 〜阿津賀志山異聞〜は大盛況のうちに閉幕しました。

今作の舞台となる時代は、激動の幕末。新撰組にゆかりのある刀剣を中心とした6名の刀剣男士が、新たな編成で出陣します。
1部は刀剣男士が激しく闘い、歌い、優雅に舞うミュージカル。2部では、オリジナル衣裳をまとい、華麗なライブパフォーマンスを繰り広げる“二部構成”で観客を魅了します。

出演は、加州清光役・佐藤流司さん、大和守安定役・鳥越裕貴さん、和泉守兼定役・有澤樟太郎さん、堀川国広役・小越勇輝さん、蜂須賀虎徹役・高橋健介さん、長曽祢虎徹役・伊万里 有さん、近藤 勇役・郷本直也さん、土方歳三役・高木トモユキさん、沖田総司役・栩原楽人さんら。

初日公演直前に行われた囲み取材の模様は下記の通り。

(C)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会