【ビジュアルボーイ】9/11(日)東京・新国立劇場 中劇場にて、スペクタクル時代劇『真田十勇士』が初日を迎えました! 本作は、2014年に上演し、大喝采を浴びた話題の舞台『真田十勇士』の再演。同時期に映画公開と、小説本も出版され、“舞台×映画×小説”のメディアミックスで“真田イヤー”を盛り上げています。
出演は、猿飛佐助役・中村勘九郎さんをはじめ、加藤和樹さん、篠田麻里子さん、村井良大さん、荒井敦史さん、栗山航さん、望月歩さん、丸山敦史さん、加藤雅也さん、浅野ゆう子さん他。
初日に行われた囲み会見で中村勘九郎さんは「極上のエンターテインメント作品になっていますので、自信を持ってお届けしたいと思います」と、意気込み十分にコメント。加藤和樹さんは「映画を経ての今回の再演なので、パワーアップしています。僕や村井くんのように初演から役が変わっている人や、今回から参加の方もいますので、パワーアップした初演だと思っています。最後まで突っ走っていきたいと思います!」と、自信をのぞかせました。
9/22(木・祝)から上映中の映画『真田十勇士』で監督も務めている、演出の堤さんは、「映画として、とてつもなく高いところにいけたと自負しています。再演の舞台では、映画での具体性や熱をさらに上回る、ポテンシャルの高い想像力で見る舞台にしなくちゃいけない。全員がそのことに必死になって取り組んできました」と、力強く語りました。
9/11(日)〜10/3(月)までの東京公演のあとは、横浜公演、関西公演が控えています。個性豊かな10人の勇者たちが繰り広げる、破天荒で奇想天外な物語をお見逃しなく!