<横浜のココがキニナル!>

来月、ホテルニューグランド本館がリニューアルオープンします。どう改修されたか、取材をおねがいします(5656さんのキニナル)

<調査結果>

2016年10月4日に本館リニューアルオープン。内装デザインに大きな変化はなく歴史と伝統を維持。1階に「SOGOショップ」が誕生


1927(昭和2)年開業のホテルニューグランド。2016(平成28)年6月1日〜9月30日までの工事期間を経て、10月4日からリニューアルされた本館がいよいよ営業を再開した。



麗しい外観


今回の改修工事では、横浜の歴史とともに歩んだホテルニューグランドの歴史と伝統を守りつつ、次世代へと革新していく様を表現した。主だった目的としては、100年、150 年を見据えた歴史的建造物としての長期保存、防災・耐震の強化や、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ホテルとしての魅力をPRする目的も含まれる。

10月3日に行われた内覧会に出席し、ニューグランドはどのような変化を遂げたのかを一足先に見学してきた。



どこがどんな風に変わったの?




ニューグランドブルーがお出迎え


本館エントランスを入り、最初に迎えてくれるのがこの大階段。一歩一歩大切に歩みたくなり、まるでお姫様になったような気持ちにさせてくれる魔法の階段である。

ニューグランドブルーの絨毯を囲むのはイタリア製のタイルだ。華美すぎず、それでいて気品のある優雅さは、これまでも多くの著名人や政界人を魅了してきたのだろう。


まずは、2階フェニックスルームから


有名人が披露宴に利用したこともあるとか


不死鳥と名付けられた宴会場は、1927(昭和2)年にホテルと同時に作られたもの。フェニックスはニューグランドのシンボルマークであり、改修後も当時のままの様相で、ホテルの歴史が脈々と受け継がれているのだということを認識させられる。

フェニックスルームを出て、レインボーボールルームへと誘うのが、本館ロビーである。


本館ロビー


触れると幸運を呼ぶというキングスチェアがあり、これまでと同様の配置。改修により、天井部のレリーフも一層明るく、より格式ある荘厳な空間となった。


2015(平成27)年取材時のキングスチェア


天井のレリーフは工事前と同じように復元


本館ロビーを通り抜け、社交場としても利用されたレインボーボールルームへ。


レインボーボールルーム


ため息が出るほど美しい


ボールルームとは、舞踏会を行う部屋のこと。この部屋もフェニックスルームと同様、開業当時のままの空間である。マッカーサー元帥や喜劇王チャップリンも、この部屋を訪れたのだろう、と思いを馳せながらの見学は、感慨深いものがあった。

我々がホテルニューグランドに期待する歴史と伝統はそのまま残っており、今回の改修工事では耐震性の強化や壁の補修、レリーフの付け替えなどハード面での改装が主だったものだ。

続いて今回の耐震改修工事で、大きく変わった場所のひとつが同サロン。1階のテーマは「クラウン」で、2階のテーマは「ティアラ」である。


クラウンという名にふさわしい格式の高さ


ここで打ち合わせができるようになるくらい出世したい・・・


1階のパールルーム・クラウンでは、昼はサロン、夜はVIPルームや挙式時の来賓控え室などで利用される予定だ。シンプルかつシックでありながら、王冠のような力強さと知性を感じられる空間デザイン。

そして、ホテルニューグランドで結婚式を挙げようと思わなければ、内部を見られない2階ブライダルサロンへも足を踏み入れた。


ティアラをデザインテーマに


ディスプレイが増え、引き出物のイメージがしやすい


花嫁が身につけると幸せになれるという「サムシングブルー」を基調としたインテリア。引き出物などのディスプレイも新たに設置し、幸せ絶頂の2人をさらに祝福する装いだ。


名作料理が味わえる「コーヒーハウス ザ・カフェ」もリニューアル!・・・続きは次のページ≫