<横浜のココがキニナル!>

某テレビ番組で紹介された後、その効果はあったのかを検証する『横浜アト街ック天国』。第1回は「横浜・六角橋商店街」をめぐる。

<調査結果>

毎月第3土曜日に開催される「ドッキリ闇市」は放送直後「これまでにないぐらいの人出」で、今も来場者は増え続けている。


「あなたの街の宣伝本部長」をうたい、毎週土曜日に放送されている地域に密着した都市型のエンターテインメントなテレビ番組。


おまっとさんです!(画像はオトナの事情で・・・)

『横浜アト街ック天国』では、放送後にお客さんは増えたか、知り合いからの反応はどうだったのか、何か困ったことはないかということに加え、「ぶっちゃけ、売り上げが増えてウハウハなんじゃないですか?」というゲスを極めた質問まで、宣伝本部長の影響力を徹底検証する。

第1回は2012(平成24)年6月に放送された「横浜・六角橋商店街」のベストテンスポットに焦点を当てた。

10位「松坂屋カバン店」



まずは、第10位の「松坂屋カバン店」。

取材自体は商店街全体で約1ヶ月にも及んだそうだが、「期待してたより、自分たちが写らなかった(苦笑)」と当時を振り返るも、放送直後は・・・


「もう、すぅ〜んごかったよ(笑)」

放送翌日に通常3000円以上のバッグを先着30個限定で150円という価格にしたところ、開店2時間前から長蛇の列ができたそう。

「シャッターを開けたら、街全体が異常な雰囲気だったよ。いつもは静かなのに」というぐらい、反響があったようだ。恐るべし、宣伝本部長・・・。

9位「タチバナ」、8位「足立商店」



9位の中古レコード店「タチバナ」は放送後に閉店したそうだが、漬け物などを扱う8位の「足立商店」は大盛況だったようだ。


「はじめの1週間は1.5倍ぐらい。あとは2〜3割増し」

撮影時は「3回ぐらい下見に来て、本番があった。1〜2分ほどコミュニケーションを取って、あとはサァーーーーっと店とか写すだけ」という感じだったそう。

7位「いしかわや」



7位に入った、街の頼れる寝具店「いしかわや」はお客さんからたまに「ア○街見たよ」と言われても効果は長続きしなかったそう。


「寝具の最盛期は冬場だから・・・(※放送は6月)」

6位「ドッキリヤミ市場」



六角橋商店街では8月を除く4〜10月の第3土曜日の午後8時から「ドッキリヤミ市場 夜のフリーマーケット」を開催している。


毎回大盛況!(六角橋商店街ホームページより)

商店街事務局によると「放送から4年経ちますが、いまだに回を重ねるごとに人が増えています」とうれしい反面、違法駐車などが増えて近隣から苦情も出ているとのことだった。


ルールを守って楽しいヤミ市場!

5位「頼れる専門店」



5位には専門店として「会田金物支店」と「マルコシ洋傘店」がランクイン。


お休みと・・・


「ごめん。隣で聞いて」

ということで、お隣の「メンズショップ花屋」の北村政雄(きたむら・まさお)さんに聞くと「○ド街みたって人で、何も買わない人はいなかったね」とのこと。でも「買いに来てくれるのは1度きりだね」だそうで、ウハウハとはいかなかったようだ。

4位「魚大」本店



続いて向かったのは4位の「魚大(うおだい)本店」。


お魚ズラリ!

「当時のことは知らないんだよなぁ。うぅ〜ん、でも変わったんじゃない?ていうか、沖縄出身?」と、ビフォア・アフターより、編集部・広瀬の日に焼けた濃い目の顔立ちに興味津々の様子。


茨城だっへ(「ぺ」でなく「へ」が正式らしいです)


キニナル、トップ3は?・・・次のページへ≫