台風17号は非常に強い勢力となって沖縄地方に接近し、先島諸島が風速25メートル以上の暴風域に入った。一方、フィリピンの東の海上では新たな熱帯低気圧が発生した。気象庁は高波に厳重に警戒し、暴風、低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水やはん濫に警戒するよう呼びかけている。

 大型で非常に強い台風17号は、27日午前9時現在、与那国島の南南東約150キロの海上を、北西に向かって時速20キロで進んでいる。

 中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートルで、最大瞬間風速は60メートル。中心から北側260キロ、南側220キロの範囲は、25メートル以上の暴風が吹いている。
 
 台風の接近に伴い、先島諸島では猛烈な風が吹き、海は大しけとなっている。27日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方で35メートル(50メートル)、波の高さは11メートル、あす朝6時までの24時間の降水量は多いところで150ミリに達するおそれがあることから、気象庁が厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風17号はこのまま勢力を維持しながら、今晩には台湾に上陸し、28日朝には中国南部に到達する見込みで、明後日(29日)には熱帯低気圧に変わると予測される。米航空宇宙局(NASA)は、気象衛星がとらえた17号の画像を公開し、「台湾は7月以来、台風が4度上陸することになる」と述べている。

 一方、日本のはるか南のトラック諸島近海では、新たな熱帯低気圧が発生した。現在の中心気圧は1008ヘクトパスカルだが、今後は少しずつ発達を続けながら、17号の後を追うように西へ進むと見込まれる。