非常に強い台風18号は、3日午前11時現在、沖縄県那覇市の南210キロまで接近している。沖縄と奄美地方では、あす4日にかけて猛烈な風が吹き、海は大しけとなるおそれがあるとして、気象庁が厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、3日午前11時現在、台風の中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートルで、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径130キロ範囲は、風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 台風の接近に伴い、沖縄と奄美地方では次第に風が強まり、今晩からあすにかけて猛烈な風が吹き、九州北部は4日は暴風となると予測される。

 4日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方で50メートル(70メートル)、奄美地方・九州北部で25メートル(35メートル)、九州南部で23メートル(35メートル)。

 また予想される波の高さは、沖縄地方で10メートルの猛烈なしけとなるおそれがあり、奄美地方から九州にかけては8〜6メートルに達する見込み。

 あす正午までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、沖縄地方で200ミリ、九州南部・奄美地方で150ミリで、その後、5日にかけても猛烈な雨が降るおそれがあることから、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒するよう呼びかけている。

 台風は今後、北上を続けながら次第に勢力を弱め、5日には長崎県の対馬近海に到達し、そこから進路を東に変えて日本列島を横断し、6日朝には温帯低気圧に変わる見込みだ。