猛烈な台風18号は、東シナ海から北上を続けており、今晩(4日夜)には長崎県の五島列島近海に接近する見込みで、九州北部や中国では非常に強い風が吹き、海は大しけとなるおそれがあるとして、気象庁が厳重な警戒するよう呼びかけている。一方、米国ではカテゴリ−4クラスの大型ハリケーンが接近中で、本土に上陸すれば猛烈な大雨をもたらすおそれがあると警戒が高まっている。

 気象庁によると、台風18号は4日午後3時現在、東シナ海を対馬海峡に向けて時速30キロで北上している。中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心から半径90キロ範囲は風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 台風に伴う大雨の影響で、鹿児島県の種子島では165.5ミリ、屋久島で119ミリ、東京の八丈島で94.5ミリなどの降水量(24時間)が観測されているほか、沖縄県では8市町村に住む約2万世帯が避難勧告を受けた。

 台風は今後、勢力を維持しながら今夜には長崎県五島列島の近海に進み、その後は進路を東よりに変えて、5日には暴風域を伴ったまま、対馬海峡から山陰沖を東北東に進み、北陸地方に接近すると予想される。

 このため、西日本や東日本では、5日にかけて雷を伴った、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みで気象庁が厳重な警戒を呼びかけている。

 一方、中米カリブ海のハイチには、カテゴリー4クラスのハリケーン「マシュー」が接近中で、上陸する可能性が高まっている。

 米国では、ハリケーンを最大風速によってカテゴリー1から5までの5段階に分けていて、カテゴリー3以上の最大風速が秒速50メートルを超えると「大型ハリケーン」と呼んでいる。

 米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、マシューは今後、勢力を少しずつ弱めながら北西に進み、6日までには米フロリダ州に到達する可能性があるという。