強い台風18号は5日現在、長崎県対馬沖を北寄りに進んでいて、今夜には北陸地方に接近し、あす未明にかけて東北に上陸する可能性が高まってきた。また、北太平洋とフィリピンの東の海上では相次いで新たな熱帯低気圧が発生した。西日本や東日本ではあす(6日)にかけて、暴風や高波への厳重な警戒が求められる。

 気象庁によると、強い台風18号は5日午前10時現在、韓国南部の沖合を北北東に向けて時速35キロで進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径50メートルの範囲は、25メートル以上の暴風が吹いている。

 今後は次第に東寄りに進路を変えて、昼前には対馬海峡に進む見込みで、その後は速度を速めながら暴風域を伴ったまま日本海へ進み、今夜遅くからあす明け方にかけて北陸から東北地方にかなり接近し、上陸するおそれがあるという。

 台風の影響で5日は西日本を中心に、6日午前中は東日本を中心に、非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。

 あすにかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州北部で35メートル(50メートル)、中国地方で30メートル(45メートル)、北陸地方で28メートル(40メートル)、近畿地方で25メートル(35メートル)、四国地方で23メートル(35メートル)、関東甲信地方で20メートル(35メートル)、東海地方と東北地方で20メートル(30メートル)で、気象庁は暴風や高波への厳重な警戒を呼びかけている。

 また九州では引き続き、雷を伴った非常に激しい雨が降り続いており、西日本や東日本では、あす午前中にかけて、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る可能性がある。

 一方、北太平洋のミッドウェー諸島の近海と、フィリピンの東の海上では新たに熱帯低気圧が発生したばかりで、このうち2番目は、あすには沖縄の南に接近するおそれがあり、気象庁が今後の動向を注意深く監視している。