台風18号は5日現在、日本海を時速65キロで東北東に向かって進んでいる。今夜には温帯低気圧に変わって東北に上陸する見込みだが、気象庁は今後も暴風に厳重な警戒が必要だと注意を呼びかけている。

 気象庁によると台風18号は、5日午後6時現在、島根県の沖を暴風域を伴いながら、時速65キロで東北に向けて進んでいる。中心気圧は680ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルとなった。

 台風は今夜には日本海で温帯低気圧に変わる見込みだが、その後も非常に強い風を伴って、6日未明にかけて北陸地方から東北地方を通過すると予想される。

 このため東日本と東北地方では、今夜からあす明け方にかけて、非常に強い風が吹き、北陸地方では海は大しけとなる。温帯低気圧に変わることで強風域はさらに広がり、東日本や東北地方の太平洋側でも、海上を中心に風が強まるおそれがある。

 6日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、中国地方で30メートル(45メートル)、近畿と北陸地方25メートル(35メートル)、関東甲信地方20メートル(35メートル)、四国・東海・東北地方20メートル(30メートル)。

 また6日夕方までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、近畿と北陸地方150ミリ、東海と東北地方100ミリの見込み。

 気象庁は「温帯低気圧に変わったあとも、暴風に厳重に警戒し、高波や低い土地への浸水、土砂災害や河川の増水、はん濫に注意してほしい」と呼びかけている。